型にはまるという大切さ

型にはまるという大切さ

加茂ゼミナールは本部である30年以上の歴史のある加茂ゼミナールのノウハウから勉強の型を確立しています。この型を忠実に実践していただくことが加茂ゼミナールでの成績アップを確実に実現する方法と考えています。

型にはまることはマイナス?

「型にはまる」という言葉はなんとなく良くないイメージがあります。しかし、成績が良い生徒は、勉強の『成功パターン』という型を持っています。逆に言うと現在成績が良くないという生徒はそのパターンを持っていないだけなのです。加茂ゼミナールではまずは目の前の学校の定期テストで成績アップを実現するための「型」を生徒に教えます。その型通り勉強していただき、成績アップを達成した生徒から自分独自のやり方をすることの許可を与えます。まずは当塾の成績アップの型をしっかり身に付けてもらえればと思います。

成績が上がる型

加茂ゼミナールは確実に生徒が努力をするための環境を提供しています。それは静かに勉強できる環境です。小学生・中学生に限らず大人であったとしても誘惑があるとそちらに流れてしまいます。塾内はそのような誘惑を排除して、静かに勉強できる環境を作っています。

また、自習も塾が空いている時間はいつでも行っていただけるため、毎日のように通っていただくことが可能です。授業と自習を両方行うことが非常に大切と考えているため、当塾に入塾していただいた生徒は毎日のように塾に来てもらうことをお願いしています。

勉強時間を確保すること

成績アップは勉強時間を確保することから始まります。勉強時間を確保できない生徒は成績はなかなか上がりません。まずある一定の勉強時間を確保することの覚悟を決めていただくことが大切です。

理解できるまで繰り返しインプットをすること

生徒によって同じことでも理解できるスピードは異なります。同じ授業を受けても理解できる生徒とそうでない生徒はいます。加茂ゼミナール本部校では、週に1回個別フォローの時間を設け、生徒が理解できるまで繰り返し個別に指導しています。

とことん演習をして定着させる

理解できただけでは学校のテストで点数を取ることはできません。その時わかってもテストのときに覚えていなければ意味がありません。加茂ゼミナールではそうならないようにとことん演習時間を取ってもらいます。基本的にはテキストを3回解くことを意識してもらいます。授業・宿題・テスト直前に同じ問題を繰り返し勉強することで定着することができ、テストでも実力を発揮することができます。

ノートの取り方を学ぶ

ノートの取り方が上手な生徒は成績が良い確率が高いです。そのため、加茂ゼミナールではノートの作り方、取り方も同時に指導します。どんなノートを取れば成績が上がるのかをしっかり学習してもらいます。時には成功している生徒のノートを全員で共有することもあります。

指導者との信頼関係

我々は学習塾という教育サービス企業でありますが、生徒に対しては先生という立場で時には叱ることもあります。厳しいことを言うこともあります。しかし、それはその生徒が成績を上げたいという思いを実現するために行っていることです。指導者も生徒も成績アップのために全力で向き合うことで成績アップを実現できます。当塾はそこへの意識は他塾より高いと自負しています。受験や成績についての相談や体験授業でそのことは知ってもらえればと思います。

無料体験授業実施中